英検対策コース

「英検」とは?

英検は正式名を「実用英語技能検定」と言い、財団法人日本英語検定協会(STEP)によって運営されています。実用英語とは日常生活や社会生活を送るうえで、必要なコミュニケーションが図れる英語、つまり「実際に使える英語」のことです。それを身につけるのは、「聞く」、「話す」、「読む」、「書く」の4技能をバランスよく習得することが重要です。英検とはこの4技能を測定することを目的とした試験です。

「英検」とはどんな試験?

英検は4つの技能を的確に測定するために、初歩段階の5級から幅広い分野で通用する1級までの7つの級に分かれています。
全ての級に共通するのは、「読む」、「書く」力を測定する筆記試験と、「聞く」力を測定するリスニングテストです。
3級以上では、1次試験合格者を対象に2次試験が行われ、面接形式によるスピーキングテストで、直接「話す」力を測定します。

「英検」のレベル

レベル 内容
1級 大学上級程度 広く社会生活で求められる英語を十分に理解し、また使用することができる。
準1級 大学中級程度 日常生活や社会生活で求められる英語を理解し、また使用することができる。
2級 高校卒業程度 日常生活や職場に必要な英語を理解し、また使用することができる。
準2級 高校中級程度 日常生活に必要な平易な英語を理解し、また使用することができる。
3級 中学卒業程度 身近な英語を理解し、また使用することができる。
4級 中学中級程度 簡単な英語を理解することができ、またそれを使って表現することができる。
5級 中学初級程度 初歩的な英語を理解することができ、またそれを使って表現することができる。

「英検」のメリット

一定級の英検資格取得者は学校、企業、社会など様々な場面で優遇措置が受けられます

対象/時間 内容
中学から高校 延べ899校が英検取得者を優遇しています。
高校入学後 英語科目の単位として認定されています。
大学・短大受験 入試で優遇。センター試験対策にも役に立ちます。
大学・短大入学後 大学・短大でも英語科目の単位として認定されます。
就職、転職 就職や転職の際に英語力を示す資格として評価され、また人事処遇にも活用されます。
その他 教員採用試験や通訳ガイド試験にも役立ちます。